フリーで、アバンギャルドで、穏やかな小説、エッセイをこのブログで書いていこうと思います。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
この一筆入魂からブログ小説発信
2006-11-28 Tue 20:29
近未来SF小説
(ブログ小説で見つけた近未来小説、http://hanaiyosuke.jugem.jp/サイトより転載)

 駅で電車が止まり、扉が開くと、ときどき新しい蛾が車内に入ってきた。
 蛾たちは、梢子をからかうように、近くをパタパタ飛び回った。梢子が悲鳴をあげるたびにふり向いていた大学生たちも、しだいに、こちらを気にしなくなった。
「もう誰もこっちを見なくなった」
「私の悲鳴に慣れたのかしら」
「おまえも蛾になれろよ」
「絶対にムリ」
「もし、俺が蛾だったら?」
「ごめえん。絶対につきあえない。燐粉のあのもさっとした感じがだめなの」
「俺が蛾だったら、怒るぜ。何もしてねえだろうって」
「なんと言われても絶対にだめなのお」
 多摩川が近くに見えてきた。電車が奥多摩駅についた。大学生たちもみな、降りた。
 外に出るとセミの鳴声が一斉に聞こえた。空にはうっすらと雲がかかっている。
 ホームのところどころに、小さな蛾がいた。蛾の大きさによってその半径は変わるが、梢子は、がんばっても一メートル以内には近づけないようだ。
「キャンプできんのか?」
「大丈夫よ。屋内はだめなの。外なら平気」
「逃げ回れるからだろ」
「そう」
 二人は、駅前のスーパーで昼ごはんの食材を買うことにした。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.26 Sunday
ワンス・イン・ア・ホワイル12
author : hanaiyosuke
電車が青梅駅についた。ここで、奥多摩駅行きに乗りかえる。
 電車を降りると、ホームの反対側で、奥多摩行きの電車が待っていた。
 発車のアナウンスが聞こえた。
 和樹は梢子の手を取って電車に飛び乗った。
 車内はナップザックを背負った中年女性のグループと、大学生くらいのグループが乗っていた。ふたりを入れても十四、五人くらいしかこの車両には乗っていない。
 乗客たちは、ほとんど御嶽駅で降りてしまった。車両には、大学生のグループとふたりだけになった。
 大学生たちは、男二人、女三人だ。男同士、女同士で固まっているのだが、みな、頬がゆるんだ顔で、語尾をのばした甘ったるい声でしゃべっている。
 奥多摩駅につく間、梢子と色々な話をした。
 和樹が話していても、梢子は別の方向をじっとにらんでいる。たまに、視線が動き、目を見開いて、悲鳴をあげる。
「あの蛾がこっちに来たら、体をはってやっつけてね」
 梢子が両手で和樹の腕をつかんで言う。
「もし、俺が梢子のように蛾からにげまわったら、みそこなうか?」
「うん、確実にね」
 言葉どおり、確信を持った目で梢子は和樹をにらんだ。車窓からは、木々や草むら、遠くに山と川が見えるようになった。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.25 Saturday
ワンス・イン・ア・ホワイル11
author : hanaiyosuke
和樹は、職場で起こったできごとを頭に思い浮かべ、順序立てて、論理的に説明した。しゃべっているうちに、ときどき、のどがつまって声がかすれることがあった。
 牧野は、じっと和樹を見つめて、あいづちをうつ。目と仕草から限りない優しさが伝わってきた。
 全部、しゃべってしまうとだいぶすっきりした。牧野は、和樹がしゃべったことを確認するとともに、それ以外のことも色々と聞き出した。
 仕事の愚痴に近い話を、牧野はしんぼう強く聞いた。
「お話はよく分かりました。このあと、先生が診断してくださいますので、しばらくお待ちください。おつかれさまでした」
 和樹は、礼を言って部屋を出た。
 待合室で待っていると、牧野がやってきて、診察は二時ごろになりそうだと言った。
 和樹は、病院の外に出た。顔、首、腕にあたる陽がじりじりと肌をやく。
 自動販売機でミネラルウォーターを買い、公園のベンチに横たわった。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.24 Friday
ワンス・イン・ア・ホワイル10
author : hanaiyosuke
ジャズバーから帰ると、和樹は千葉大の大学病院のホームページを検索した。初診の手続き方法を調べ、布団にたおれこんだ。
 朝六時に起きた。電車とバスに乗り、大学病院に着いた。
 受付で書類の記入をする。精神科と書くとき胸がちくっと痛んだ。受付の係が、精神科への行き方をなにげない顔で教えてくれた。
 地下の、つきあたりに精神科はあった。そこにつくまで人の目が気になった。
 受付で初診票を渡すと、引き換えにアンケートを渡された。
 たくさんの患者がいた。みんな普通の顔をしている。和樹は、アンケートの記入をした。最後に性欲についての質問があった。ある、に丸をして、受付にアンケートを戻した。
 しばらくすると、白衣を着た若い女に名前を呼ばれた。大学のインターンだろうか。名札に牧野と書いてあった。
「こちらへ、どうぞ」
 牧野は奥の通路に入り、分厚い、重そうな扉を開けて、入ってという仕草をした。
 和樹は、中にはいった。録音スタジオにあるみたいな分厚い扉だった。
 部屋の中は、しんとしていた。
 牧野は、和樹をパイプイスに座らせると、しばらくアンケートに目を通していた。
 和樹は、牧野を観察した。
 全体的に小作りで、線が細い。バランスが取れているので、スタイルがよく見える。小さいがきれいな感じのひとだ。
「アンケート拝見しました。職場での人間関係が問題のようですね。よろしければ、詳しくお聞かせ願えますか」
 胸に染みとおるような声で、牧野は言った。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 17:52 | comments(0) | trackbacks(1) |
2006.11.23 Thursday
ワンス・イン・ア・ホワイル9
author : hanaiyosuke
梢子はまだ話している。和樹はひきつった笑顔で、話を聞いた。
「ねえ、これなに?」
 和樹が手に持っていたマットを指差して、梢子が言った。
「梢子用のベッドだ」
「体の下にひくのね?」
「ああ。地面の凸凹を感じないですむのと、防寒のためだ」
「ありがとう」
 梢子は、和樹からマットを取り上げると胸に抱いた。
「俺が持つって」
「いいの。そのザックだって重いでしょ」
「すきにしな」
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.22 Wednesday
ワンス・イン・ア・ホワイル8
author : hanaiyosuke
和樹は、家から歩いて三分のジャズバーに
行った。客は、だれもいなかった。
 カウンターとテーブル席に十人も座ればいっぱいの店内で、マスターが掃除機をかけていた。
「いらっしゃい」
 白髪頭を短くかったマスターは、ゆっくりとした動作で掃除機をしまうと、カウンターに立った。
「なににしましょう」
「ビールと、なにか威勢のいいジャズをかけてください」
 マスターは、大きな目をさらに見開き、肩をすくめた。
 こまったときにする仕草だ。
 テーブルの上にコースターとグラスが置かれた。マスターが壜のビールをついでくれる。
「久しぶりにアート・ブレイキーをかけますか? お好きでしたよね」
「おねがいします」
「バートランドの夜です」
 かん高い、ピー・ウィー・マーケットの声。
 そして、大音量のスプリット・キックが、スピーカーから飛びだした。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.21 Tuesday
ワンス・イン・ア・ホワイル7
author : hanaiyosuke
次の日は、もっとひどかった。
 身におぼえのないことを持ち出して和樹になんくせをつけてくる。
 四十半ばの同僚が、部長に月極めの経費のチェックを受けていた。部長がぶつくさ言い始めたのが聞こえた。
 いやな習性だが、自分以外の者が怒られているのを聞くと、少し気分が落ちつく。
「駅からはどうやって行ったの?」
「歩いて行きましたけど」
「駄目ねえ、どうして巡回バスを使わなかったの?」
 どうやら、同僚は交通費のことで突っ込まれているようだった。
「バスが出ているって知らなかったもので」
 そこで同僚は、ははは、と笑い角刈りの頭をボリボリとかいた。
「それは、杉山君が悪いんだわ。谷さんが未来館に行くのを知ってて教えないんだから」
 そんなこと、初めて聞いた。
 同僚は、ははは、と笑っていた。
 吐き気がした。腕の震えがとまらなかった。のどが渇いて仕方なかった。心臓が聞こえるくらいの音を立てている。息が苦しかった。胸の中で和樹のなにかが叫びつづけていた。
 部長をぶん殴りたかった。
 和樹は、机の中を整理して、私物をバッグに放り込み、オフィスを出た。
 
会社にはそれから行っていない。
 和樹が七年間の社会人経験で学んだことが、一つあった。知らないうちに部長から吸収していたことだ。おかげで、和樹は社内の資格試験もとんとん拍子にあがることができたし、仕事の実績をあげることもできた。
 この世で成功するための真理だ。
 情ではなく、効率を優先すること。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.20 Monday
ワンス・イン・ア・ホワイル6
author : hanaiyosuke
ある日、部長が和樹に絵本作家の葬式に参列するように言った。以前、こども絵画展で審査員をつとめてくれた有名な絵本作家だ。
 次の日、和樹は都内の葬式に参列した。絵本作家の友人たちが三人、弔辞を述べた。
 みな、作家と同年代の白髪頭だった。さばさばしつつ、愛情のこもった弔辞が心にのこっている。
 焼香を終え、駅でコロッケそばを食べて会社に行った。
 部長に葬式の報告をすると、何人くらいきていたのか、と聞かれた。
 二百人くらい、と答えた。あら、意外と少ないのねえ、と部長は言った。
 和樹の口がひんまがった。
「ところで、杉山くん、数珠はもっていったの?」
 部長は、和樹が自分の席につくのを見計らったように言った。
「いえ、持ってなかったので」
 部長の目が獲物を駆る肉食獣のように光った。
「どうして持っていかないの! 常識じゃない」
「そういえば、女の人たちは、持っていましたね」
 和樹はそういって、ははは、と笑った。
 この部署の処世術として学んだものだ。
 部長は相手を人だと思っていない。言葉の力も知らない。自分の言葉が刃となり人を切り刻んでいることを知らない。
 ダメージを受けないためには、言葉をそのまま受け止めてはいけない。笑ってごまかす。 相手をけん制し、自分をごまかし、ダメージを受けていないと信じこむのだ。
「男の人だってもってるわよ。なんで、もって行かなかったの」
 昨日言えよ、という言葉を飲み込んだ。
「まったく、これは、杉本くんの親が悪いんだわ」
 和樹は、ははは、と笑ってごまかした。最後の一言が、和樹はかわしたと思っていたのだが、胸の奥ふかくに突き刺さった。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.19 Sunday
ワンス・イン・ア・ホワイル5
author : hanaiyosuke
和樹は、大企業の社会貢献部に勤めていた。グループ企業の利益で、発展途上国に学校を建てたり、災害時緊急募金をしたり、日本のこどもたちを環境先進国につれて行ったりするのが仕事だ。
 部長は五十過ぎの女性だった。感情にまかせて部下を怒鳴りつけ、仕事とは関係ないところまで追いつめるので、同僚がつぎつぎにうつ病になり転勤していった。
 和樹も転勤して半年間は、たっぷりといじめられたが、仕事が好きだったのと、部長のやり方にむりやり自分を合わせることで、三年間つづいた。
 関係がおかしくなってきたのは、半年前からだった。
 指示された通りの仕事をしても、何を考えているんだと、みなの前で罵倒される。
 お前のせいで、取引先に迷惑をかける、とも言われた。気にしないようにしてきたが、和樹の顔はどんどん歪んでいった。
 半年間、和樹は、耐えた。
 彼女はスケープゴートをつくることを好んだ。一度こいつと決めたら、その人の神経が参ってしまうまで、つつき続けるのだ。
 そうやってつぶれていく人を和樹は、ずっと見ていた。自分にも番がまわってきたと思うと、仕事中とてものどが渇いた。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006.11.18 Saturday
ワンス・イン・ア・ホワイル4
author : hanaiyosuke
「梢子は、最近どうだ?」
「私? まあまあ。でも新しい患者さんと気が合わなくってちょっとユーウツ」
「おまえにもそんなことあるんだ」
「あるよお、和樹が知らないだけ」
「一緒のときはねこかぶってやがんな」
「そう、アザラシだけじゃないのよ」
 梢子は仕事のグチを言いはじめた。和樹はちゃんと耳を傾けるが、あまり頭の中に入ってこない。梢子のことを好きじゃなければ、絶対に聞かない話だ。あいづちをうつことに集中し、梢子のまっすぐな鼻すじを見つめる。
「ねえ、ちゃんと聞いてる?」
 梢子は和樹の膝を叩き、口をへの字にした。
「聞いてるって」
 また話がはじまった。口の端がひくひくとひきつる。胸をだらだらと汗が流れおちた。
 和樹は、二ヶ月前から行ってない会社のことを思い出していた。
| ワンス・イン・ア・ホワイル | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright (C) 2006 JUGEM Some Rights Reserved.


近未来三国志 中国動乱〈2〉飛翔の巻 近未来三国志 中国動乱〈2〉飛翔の巻
檜山 良昭 (1997/07)
実業之日本社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 連載形式小説 | コメント:0 | トラックバック:0
大学生の女の子
2006-03-07 Tue 13:33
あるカフェでまったりしながら今年就職する女子大生と話してます。色々書いているもの、ブログのことなど話しています。これから友達と会うのでよかったら、一緒に飲もうということになりました。今夜は女子大生の最近の興味などをリサーチすることになりそうです。今書いているものについての印象も聞いてみたいです。v(^-^)v
別窓 | 連載形式小説 | コメント:0 | トラックバック:0
幸せの小さな夢
2006-03-02 Thu 19:06
”幸せの小さな夢”

お気に入りのCDの写真からその曲に乗せて自由にお話をつくることの小さな幸せの夢倉木麻衣CD



target="_blank">
width=468 height=60 border=0>


別窓 | 連載形式小説 | コメント:0 | トラックバック:0
麻紀との秘密の園
2006-02-03 Fri 17:01
このブログのメインは、官能味溢れる文章を綴っていくことにある。日系三世の麻紀とは、横浜のクラブで知り合った。彼女はそこでバーテンダーをしていた。
麻紀キャサリン

別窓 | 連載形式小説 | コメント:0 | トラックバック:0
最初の小説は
2005-12-28 Wed 23:33
最初の小説は、連載形式で書こうと思います。
別窓 | 連載形式小説 | コメント:1 | トラックバック:0
| Paperback Writer |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。