フリーで、アバンギャルドで、穏やかな小説、エッセイをこのブログで書いていこうと思います。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ブログ上で小説を書く行為について
2006-04-02 Sun 12:55
ブログ上で小説を書く行為について
このFC2Blogで、ブログ小説みたいなものを書こうと決めているのですが、どうも今までの所うまく進んでいない。
最近読み返している本にその創作の意味を考えている、小説とはどうゆう意味のものかと。
その一つは、これだ。
バランタン=ルイ=ジョルジュ=ウジェーヌ=マルセル・プルースト(Valentin-Louis-Georges-Eugène-Marcel Proustという作家の代表作『失われた時を求めて』を読み、その哲学的な時間論を思い、嗅覚や味覚から過去の記憶が呼び覚まされる心理現象をプルースト現象ということを知る。この小説は、紅茶に浸したマドレーヌの味からスワン家とゲルマント家の二つの家族たちとの関わり記憶の中から綴っている。難解であるが、何故か惹かれている。

もう一冊は、ジェイムズ・ジョイスというアイルランドの小説家、詩人のもの。『フィネガンズ・ウェイク』という小説。
意識の流れのを自由な文体で書いている。 世界中のあらゆる言語(日本語を含む)が散りばめられた「ジョイス語」と言われる独特の言語表現を駆使した小説である。これも面白い。

だが、この二冊を読んで思ったことだが、Blogという電子上で書く行為が、どうも小説という思索作業に合うのかどうかということに突き当たってしまった。
解決を求めて、袋小路に入ってしまった感じなのだ。う~んと唸ってしまう。悩み顔


失われた時を求めて 全10巻セット失われた時を求めて 全10巻セット
マルセル プルースト 井上 究一郎

筑摩書房 1994-03
売り上げランキング : 168,946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


抄訳 フィネガンズ・ウェイク抄訳 フィネガンズ・ウェイク
ジェイムズ ジョイス James Augustine Aloysius Joyce 宮田 恭子

集英社 2004-06
売り上げランキング : 235,083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
別窓 | 執筆宣言 | コメント:0 | トラックバック:0
<<シェラトンより | Paperback Writer | カフェにて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Paperback Writer |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。