フリーで、アバンギャルドで、穏やかな小説、エッセイをこのブログで書いていこうと思います。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
船戸与一の作家魂に畏敬する
2007-01-16 Tue 12:19
б船戸与一の作家魂に畏敬するこの作家の書いたものは、それぞれがエンターテイメントしている、それが本の楽しさというべきもの。畏敬に値する物書きである。
船戸与一


 Ё冒険小説クラブ会長 内藤陳氏が『愚かなるわが心にかくも深く 非国民(いとしい)に告ぐ』
 まさしく船戸氏の書くものは、これである。
 ※注記 表示がうまくされていないので、文章を読む時は、クリックしてください(ファイルはGif形式です)。
『愚かなるわが心にかくも深く 非国民(いとしい)に告ぐ』


Ё船戸与一非公式網頁

 Ё『硬派と宿命 はぐれ狼たちの伝説 1975年作』

 『硬派と宿命』は、著者がアメリカのインディアン・リザベーション(居留地区)にとびこんで、「自由の国」をうそぶくアメリカ合衆国という虚体を徹底的にあばいたルポルタージュ。 改めて読み返したが、これほどアメリカのフロンティア精神の虚構性を暴いたものはないと感じた。
 いかにアメリカという国が、欺瞞に満ち溢れているか、今の若者たちに是非読んでほしい。

 Ё船戸与一本 マイ書庫からのお気に入り

夢は荒れ地を 夢は荒れ地を
船戸 与一 (2006/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
降臨の群れ 降臨の群れ
船戸 与一 (2004/06)
集英社
この商品の詳細を見る
海燕ホテル・ブルー 海燕ホテル・ブルー
船戸 与一 (2005/02)
徳間書店
この商品の詳細を見る
国家と犯罪 国家と犯罪
船戸 与一 (2000/03)
小学館
この商品の詳細を見る
祖国よ友よ 祖国よ友よ
船戸 与一 (1986/05)
角川書店
この商品の詳細を見る
かくも短き眠り かくも短き眠り
船戸 与一 (2000/04)
角川書店
この商品の詳細を見る


船戸与一からOpenGateへ
スポンサーサイト
別窓 | 好事宴 | コメント:0 | トラックバック:2
<<中 勘助という人 | Paperback Writer | エリザベス・ハーレイ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


船戸与一船戸 与一(ふなど よいち、本名:原田建司、1944年 - )は、冒険小説家。山口県下関市に生まれる。早稲田大学法学部卒業。在学中は探検部(第三期生)に所属(先輩には西木正明らがいる)。小学館などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『 …
2007-02-18 Sun 04:28 ミステリー館へようこそ
船戸与一船戸 与一(ふなど よいち、本名:原田建司、1944年 - )は、冒険小説家。山口県下関市に生まれる。早稲田大学法学部卒業。在学中は探検部(第三期生)に所属(先輩には西木正明らがいる)。小学館などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『 …
2007-02-22 Thu 09:02 ミステリー館へようこそ
| Paperback Writer |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。