フリーで、アバンギャルドで、穏やかな小説、エッセイをこのブログで書いていこうと思います。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
中 勘助という人
2007-01-27 Sat 12:56
Ё中 勘助という人

б中勘助記念館
б中勘助
 中勘助(なかかんすけ・1885~1965)は明治18年、東京神田生まれの作家詩人
 代表作の『銀の匙(ぎんのさじ)』は、大正2年(1913)と4年に、夏目漱石の推薦で『東京朝日新聞』に連載された。今も珠玉の名品として読みつがれている。
 題名は、生まれつき病弱で叔母に銀の匙で薬を飲まされて育った思い出にちなんでおり、幼少より17歳の青春期までが回想するように綴られている。
銀の匙 銀の匙
中 勘助 (2001/01)
岩波書店

この商品の詳細を見る
ちくま日本文学全集 (029) ちくま日本文学全集 (029)
中 勘助 (1992/04)
筑摩書房
この商品の詳細を見る
富岡多恵子集〈9〉評論(3) 富岡多恵子集〈9〉評論(3)
富岡 多恵子 (1999/05)
筑摩書房
この商品の詳細を見る
中勘助の恋 中勘助の恋
富岡 多恵子 (2000/09)
平凡社
この商品の詳細を見る

書簡 / 中 勘助
詩歌 / 中 勘助
中勘助自選随筆集〈上〉 (1953年) / 中 勘助
中勘助自選随筆集〈下〉 (1954年) / 中 勘助
菩提樹の蔭・提婆達多 (1952年) / 中 勘助
中勘助の手紙―一座建立 / 稲森 道三郎
小説 / 中 勘助
随筆・小品 / 中 勘助
飛鳥―詩集 (1951年) / 中 勘助
白鳥の話 (1951年) / 中 勘助
琅〓@59AD (1980年) / 中 勘助

中勘助という人よりOpenGateへ
スポンサーサイト
別窓 | 好事宴 | コメント:1 | トラックバック:1
<<仲間由紀恵 | Paperback Writer | 船戸与一の作家魂に畏敬する>>
この記事のコメント
高画質を目指した1本道ハイビジョン動画!
臨場感あふれるオリジナルムービーを御覧あれ!
2007-01-27 Sat 21:34 | URL | #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


テレビで「わたしが一番きれいだったとき」の詩を知り、感動してすぐに詩集を探した。落ちこぼれというタイトルが気になってこの書を選び、「落ちこぼれ 和菓子の名につけたいようなやさしさ」で、著者の感性の深みにはまり、「自分の感受性くらい」で、完全にやられた。読 …
2007-10-03 Wed 02:28 詩集を...
| Paperback Writer |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。